室内配色を考えるなら知っておきたい話

お部屋全体の配色をうまくまとめるには「ベースカラー」
「テーマカラー」「アクセントカラー」という考え方があります。

1.ベースカラー
住宅の場合、壁や床にあたるのが「ベースカラー」。
全体の6〜7割を占める色になり、白やアイボリー、
ブラウン系など主張しない色がベターです。

2.メインカラー
全体の2〜3割で、部屋の印象を決める主役の色が「メインカラー」。
カーテンやソファなどのメインの家具に使う色です。
基本的には好きな色を取り入れましょう。

3.アクセントカラー
全体の1割未満で、インテリア小物やクッションなどに使い、
メインカラーを引き立たせるスパイスのようなもの。
迷ったときはグリーンをアクセントにするのも良いでしょう。

今回は配色の考え方をご紹介致しました。新築やリノベーションを機に参考にされて下さい。
あくまで基本的な考え方なので、後悔しないように自分の好きなカラーで選ぶのもアリだと思います。

サラサホーム福山では、家族が安心して暮らせる住まいをご提案しています。
あなたのこだわり、ライフスタイル、趣味、暮らしの優先順位などご相談下さい。
心を込めてプランニングさせて頂きます。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

赤ちゃんにも安心のキレイな空気の家が標準仕様です。

サラサホーム福山は、室内で美味しい空気で過ごして頂ける第一種換気システム「ACCS-NEO(アックス-ネオ)」が標準仕様です。

この換気システムは2時間に1回、室内の空気が外部からの新鮮な空気に入れ替わり換気する、24時間空気清浄換気システムです。

花粉を99.8%、PM2.5を98%除去して室内の空気をキレイに保ってくれます。

又、床面排気なので、アレルゲン物質やホコリ等のハウスダストが多く浮遊する、床上30cmを吸い込んで、取り除いてくれますので床上30cmゾーンをハイハイする赤ちゃんにも安心です。

さらにメンテナンスも簡単!だから性能の低下の心配もありません。

さらにさらに、「ACCS-NEO」は熱交換型換気システムなので、冬の冷たい空気を家の中に入れません!!

そんな高性能でキレイな空気をつくる換気システムに、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com/accs-neo24h/index.html

家を建てる前に知ってもらいたいこと(ハザードマップ編)

あなたやご家族の皆さんが住みたいエリアの土地が、
地震や水害などの災害の際に安心して暮らせる土地なのかを、
手軽にしかも無料で調べられる方法があるのをご存知でしたか?
それは、各市町村がホームページで公開しているハザードマップを確認することです。
自治体によって内容は様々ですが、想定した地震に対しどこがどれだけ揺れやすいのか、
液状化の恐れ、また洪水による浸水、土砂崩れの危険度などを地図上で
分かりやすく色分けしてくれているマップもあります。
ただ、実際の地震では私たちの想像を超えることが十分起こり得ますので
過信は禁物ですが、ハザードマップは土地選びの際の重要な目安になると思います。
住みたい土地の候補が見つかったら「エリア名 ハザードマップ」と入力して
ささっと検索してみましょう。

サラサホーム福山では、家族が安心して暮らせる住まいをご提案しています。
あなたのこだわり、ライフスタイル、趣味、暮らしの優先順位などご相談下さい。
心を込めてプランニングさせて頂きます。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

サラサホームの商品紹介

今回はフレンチハウス
「Crasu・Crafts(くらす・くらふつ)」のご紹介です。

ママに嬉しいラクラク動線や、
みんなが使うキッチン横のワークスペースや畳コーナー、
程よい距離感のキッズルーム、
いっぱいしまえるシュークロークなど、
忙しい奥様の心をほっこりさせてくれるおうち時間が
もっと楽しくなるプランです。

ご興味のある方は、お気軽に資料請求・お問い合わせ下さい。
家づくりや資金計画のご相談はサラサホーム福山のホームページからどうぞ。
https://sh-fukuyama.com

たかが収納、されど収納の話

家づくりにおいて、リビングやキッチン、洗面などの水廻りは、
プランニングする際にしっかり考える人は多いと思います。
しかし、収納も大事な事と分かっているが、どこにどれくらいの広さが必要なのかは、
分からない方が多いようです。今回は収納のポイントをお話していきます。
空間で言えば、リビングの収納は使い勝手、住みやすさを大きく左右する要素です。
できれば最初から造り付けの収納を設けるのがベターです。
奥行きは300〜400mmあれば十分です。なぜ浅くていいのかというと、
リビングには細かいモノが多いから。衛生用品、子どものおもちゃや勉強道具、
化粧品などがあり、奥行きを深くするとかえって何がしまわれているのか、
わかりにくくなってしまうからです。だから後で後悔しないように
しっかりチェックして家づくりをしましょう。

サラサホーム福山では、便利に楽しく暮らせる住まいをご提案しています。
あなたのこだわり、ライフスタイル、趣味、暮らしの優先順位などご相談下さい。
心を込めてプランニングさせて頂きます。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com/

サラサホーム福山は耐震性能にもこだわっています。

以前完工した建物の構造は、耐震等級の最も高いレベルの
耐震等級3で建てさせて頂きました。

この耐震等級3がどれくらいのものかと言うと、耐震等級1が、震度6強〜7の地震でも
倒壊や崩壊しないレベルで、大規模修繕などが必要とされる可能性があります。

耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の耐震性能で震度6強〜7の地震でも、軽い修繕で住み続けられるレベルと言われています。

サラサホーム福山は、お客様が安心して快適に暮らせる家づくりを心がけております。
構造はもちろん、性能面、素材などにもこだわり、一家族一家族ご要望にお応えした居心地のいい住まいをご提案をさせて頂いております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはWebサイトをご覧下さい。
https://sh-fukuyama.com/

サラサホームの商品紹介

今回はウッディモダン「como(コモ)」のご紹介です。

家族の気配が感じられる、ひと繋がりになるワンスペースのLDKや、
楽しい暮らしが生まれるスムーズな家事動線。
さらにセカンドリビングやKOKAGEのある広いウッドデッキ、
広いDOMAスペースなど、家時間を豊かにしてくれるプランになっています。

ご興味のある方は、お気軽に資料請求・お問い合わせ下さい。
家づくりや資金計画のご相談はサラサホーム福山のホームページからどうぞ。
https://sh-fukuyama.com

平屋モデルハウスの予約制完成見学会のお知らせ

7/30(土)31(日)の2日間、府中市桜が丘会場で、子供の個性が育つこだわりプランニングの平屋の予約制見学会を開催します。

見どころは
①キッチン・リビング・子供部屋までワンフロアの子供を見守れる設計
②洗う・干す・しまうが一箇所でできるランドリールーム
③階段移動の負担なく子供の安心・安全も確保
④高性能住宅のワンフロアなので光熱費を軽減できて、さらに快適
⑤家族との団欒が取りやすいリビングを中心にした間取り
⑥ベビーカーや三輪車、子供の道具も置ける広い土間
⑦広い土間や充実した収納を確保
⑧ハウスダストやダニから赤ちゃんを守る空気のきれいなおうち
⑨子供の成長に合わせた自然な触れ合いの生まれる家など、
住み心地や、賢く家を建てたい方に見て頂きたい住まいです。

また同エリアで630万円の補助金付、子育て応援住宅のモデルハウスを建築販売しております。

ぜひ、お気軽にお越し下さい♪

【安全対策として】
当日はマスクの着用と消毒のご協力をお願いします。

詳しくはWebサイトをご覧下さい。
https://sh-fukuyama.com/sakuragaoka-kosodate-hiraya22-2/https://sh-fukuyama.com/

注文住宅を検討する際によくある質問11選

みんなの声が知りたい!家づくりの『質問のススメ』
これから新築を検討する方が何を重視し、どんな問題を持ち、どんな質問をしているか、興味ありませんか?私たちはそういった住宅購入検討の方々から数多くの質問や相談にいつもお応えしています。そこで今回は、よく聞かれる質問を一部ご紹介します。私たちはお客様の理想を叶えるために日々努力をしています。お客様自身もご納得頂けるまで私たちに質問をして頂ければと思います。この記事でご紹介している質問はほんの一部です。記事を参考にお客様自身の質問を整理する事に役立てばと思います。
家づくりの相談などホームページからお気軽にご予約ください。無料でご相談いただけます。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

Just another WordPress site