「UA値」カテゴリーアーカイブ

家づくりに役立つUA値のちょっと分かりやすい話

前回、家のすき間に関する気密性能=C値のちょっと分かりやすい話をしましたが、今回は、家の断熱性能=UA値のちょっと分かりやすい話をしていきます。

UA値とは「外皮平均熱貫流率」のことで、屋根や天井、外壁、床、窓などから失われる熱量を言います。簡単に言えば、家からどれくらい熱が失われるか!ということです。値が小さいほど熱が失われにくく、断熱性能が高い=省エネルギーで家計にもとっても優しい家と言えます。

地域によって基準値は違いますが、寒冷地になるほどUA値の数値が低くなります。サラサホーム福山は最も数値の低い北海道基準のレベルで建てさせて頂いております。

サラサホーム福山では、お客様が安心して快適に暮らせる家づくりをしています。デザイン・構造はもちろん、性能面にもこだわり、お客様のご要望にお応えしたご提案をさせて頂いております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com