「C値」カテゴリーアーカイブ

家づくりに役立つC値のちょっと分かりやすい話

家を建てる際、こだわるポイントとして、気密性能や、断熱性能などがあります。今回はC値=気密性のちょっと分かりやすい話をしていきます。

一昔前の家のすき間を集めると「ハガキ10枚分の面積」の穴が空いていたと言われ、冬は寒く、夏はクーラーの効きが悪いなど、不快な思いをする家でした。また、現在の北海道基準のC値2.0㎠/㎡の高気密住宅は「ハガキ2枚分」と言われています。

サラサホーム福山では、北海道基準(ハガキ2枚分の気密性)をさらに上回る数値で建てさせて頂いています。
気密性が高い家は、不快なもの「湿気・熱気・冷気・花粉・騒音・排気ガス・害虫」などをシャットアウトしてくれます。
サラサホーム福山は、こういった不快なものを家の中に入れさせない健康的な環境を考えた家づくりをしております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

サラサホーム福山は性能にもこだわっています。

今回施工させて頂いた福山市S様邸は、気密性や断熱性も高いレベルで建てさせて頂きました。

気密性を示すC値は0.2c㎡/㎡と、かなりハイレベルな数値で
北海道基準2.0c㎡/㎡を遥かに上回った気密性で建てております。
C値とは「どれくらい家にすき間があるのか」を示した数値で、C値の数値が低ければ低いほど
すき間が少ない家、すなわち高気密な家となります。

また断熱性を示すUA値も0.43W/㎡kという高い数値で、北海道基準0.46W/㎡kをクリアしています。
UA値とは、「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値で
UA値が低いほど、熱が逃げにくい=冷暖房効率がよく省エネ性能が高い家となります。
すなわち、外気温に影響されにくく、ものすごく快適に暮らせるという事です。

サラサホーム福山は、お客様一家族一家族のご要望にお応えして、
安心して快適に暮らせる住まいづくりを心がけております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

C値とUA値について

近頃よく耳にする『C値』について。

C値は「隙間相当面積」のことで、数値が低いほど隙間面積が小さく、気密性能が高いことを意味します。つまりC値が低ければ低いほど住宅性能が高く、快適に暮らせるということです。

もうひとつよく目にするのが『UA値』です。

こちらは建物の「外皮平均熱貫流率」のことで外壁や屋根(天井)床などの各部位から逃げる熱量を外皮面積(外壁・屋根・天井・床の面積の合計)で割ったもの。熱損失量が多いほどUA値が大きくなるため、数値が小さい程「断熱性能」や「省エネ性能」が高いと言えます。

「いい家」というのは、暮らす人のライフスタイルによって異なるかもしれませんが、快適性を測るには、こうした性能面の数値をある程度参考にすることは可能です。モデルハウス見学や完成見学会に行った際は、ぜひ、これらの数値について尋ねてみるといいでしょう。

住宅性能について、具体的な数値で比較検討することは、工務店を見極めるうえで役立つ方法のひとつといえますよ。

サラサホーム福山は、長期優良住宅、次世代省エネ住宅、BELSの5つ星を取得する、高性能住宅をご提案しています。

快適な暮らしを根本からささえる高気密・高断熱の家づくりをお考えなら、当社にご相談ください!

https://sh-fukuyama.com/
TEL:0847-47-1311