「断熱性能」カテゴリーアーカイブ

家づくりに役立つUA値のちょっと分かりやすい話

前回、家のすき間に関する気密性能=C値のちょっと分かりやすい話をしましたが、今回は、家の断熱性能=UA値のちょっと分かりやすい話をしていきます。

UA値とは「外皮平均熱貫流率」のことで、屋根や天井、外壁、床、窓などから失われる熱量を言います。簡単に言えば、家からどれくらい熱が失われるか!ということです。値が小さいほど熱が失われにくく、断熱性能が高い=省エネルギーで家計にもとっても優しい家と言えます。

地域によって基準値は違いますが、寒冷地になるほどUA値の数値が低くなります。サラサホーム福山は最も数値の低い北海道基準のレベルで建てさせて頂いております。

サラサホーム福山では、お客様が安心して快適に暮らせる家づくりをしています。デザイン・構造はもちろん、性能面にもこだわり、お客様のご要望にお応えしたご提案をさせて頂いております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

家づくりに役立つC値のちょっと分かりやすい話

家を建てる際、こだわるポイントとして、気密性能や、断熱性能などがあります。今回はC値=気密性のちょっと分かりやすい話をしていきます。

一昔前の家のすき間を集めると「ハガキ10枚分の面積」の穴が空いていたと言われ、冬は寒く、夏はクーラーの効きが悪いなど、不快な思いをする家でした。また、現在の北海道基準のC値2.0㎠/㎡の高気密住宅は「ハガキ2枚分」と言われています。

サラサホーム福山では、北海道基準(ハガキ2枚分の気密性)をさらに上回る数値で建てさせて頂いています。
気密性が高い家は、不快なもの「湿気・熱気・冷気・花粉・騒音・排気ガス・害虫」などをシャットアウトしてくれます。
サラサホーム福山は、こういった不快なものを家の中に入れさせない健康的な環境を考えた家づくりをしております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

サラサホーム福山は性能にもこだわっています。

今回施工させて頂いた福山市S様邸は、気密性や断熱性も高いレベルで建てさせて頂きました。

気密性を示すC値は0.2c㎡/㎡と、かなりハイレベルな数値で
北海道基準2.0c㎡/㎡を遥かに上回った気密性で建てております。
C値とは「どれくらい家にすき間があるのか」を示した数値で、C値の数値が低ければ低いほど
すき間が少ない家、すなわち高気密な家となります。

また断熱性を示すUA値も0.43W/㎡kという高い数値で、北海道基準0.46W/㎡kをクリアしています。
UA値とは、「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値で
UA値が低いほど、熱が逃げにくい=冷暖房効率がよく省エネ性能が高い家となります。
すなわち、外気温に影響されにくく、ものすごく快適に暮らせるという事です。

サラサホーム福山は、お客様一家族一家族のご要望にお応えして、
安心して快適に暮らせる住まいづくりを心がけております。

家づくりに関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

詳しくはこちら
https://sh-fukuyama.com

猛暑に備える樹脂窓の効果について!

断熱・遮熱・気密性が高い「樹脂窓」はエアコンの効きが高いと言われています。

なぜ窓を変えると省エネになるのでしょうか。

実は夏場の暑い空気の約74%が「窓」から入ってきているそうです。
つまり、夏場は7割を超える熱の出入りがあるので、「樹脂窓」を選択する事によってエアコンの効きも良くなり、省エネ効果が得られるという事になります。
省エネになるという事は、電力の消費も抑えられCO2の排出も少なくなり環境にも優しい「窓」にもなります。

猛暑が年々増していく中、「樹脂窓」の導入はかなりな省エネ&環境対策と言えるでしょう。

家づくりや資金計画のご相談はサラサホーム福山のホームページからどうぞ。
https://sh-fukuyama.com

そのエアコンの選び方、間違ってませんか?

お部屋のエアコン、どうやって選んでいますか?
エアコンを選ぶとき、皆さんは何を基準にしますか。
おそらくエアコンの性能に表示されている「○○畳用〜」という記載を信じている方がほとんどではないでしょうか。

新築のエアコン。畳数できめると、過大です!
この50年間で住宅の断熱性能や気密性能は大幅に向上しました。
冷暖房を全ての部屋で稼働していなくても、1台で夏涼しく、冬は暖かな家があたりまえになりつつあります。
それなのに昔のままの畳数表示にあてはめてエアコンを購入してしまうと、それは明らかに過大能力となってしまいます。

高性能化した住宅性能のおかげで、本来ならもっと小さくて、もっと省電力のエアコンで良いところを、過大能力なエアコンを使い続けるのは、勿体無いですよね。

エアコン一台で夏涼しく、冬は暖かな家づくりを。
本来、エアコンを選ぶための要素は、もっと複雑です。
設置する建物が木造なのか、鉄筋コンクリート造なのか。
また、戸建て住宅か集合住宅かでも状況は異なります。
もっといえば必要な窓がどの方位に、どれだけあるのか、庇(ひさし)がついているのか、いないのか、上下左右の部屋が何部屋に囲まれているのか、断熱性能・気密性能はどのくらいか、窓の方位はどちらを向いているのかなどなど、判断基準は多岐にわたり、しかも複雑です。

これから家づくりをされる方であれば、エアコン1台でも快適に暮らせるような、そんな家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。
もちろん弊社では、気密・断熱性能が高い家づくりを、ご提案させていただいております。

家づくりのご相談、お問い合せはサラサホーム福山のホームページからどうぞ。
https://sh-fukuyama.com

ご存知ですか。暖かい高性能ハウスはママが楽しく暮らせる家なんです♪

一年中快適に過ごせる高断熱住宅は、特に冬の寒い時期などは縮こまらなくてよいので、意外と家事がはかどります。
さらに間取りや収納の工夫を加えると、毎日がさらに楽しくなる家事楽ハウスの完成です。
ママが楽しいと家族も幸せです!せっかく家を建てるなら、高断熱ハウスならではの家事楽な住まいを考えてみてはいかがでしょうか。

<高断熱ハウスにした奥様の声>
Aさん:暖かくてオープンな間取りなので、テキパキ動けて家事が時短!
Bさん:結露がない窓だから結露水やカビとの戦いから開放された!
Cさん:お風呂が寒くないから冬の掃除もラクになったわ
Dさん:パパが家事を手伝ってくれるようになったの!
Eさん:収納も増やしたので室内のキレイが保てて毎日が快適♪

高断熱住宅や家事楽動線など、家づくりのご相談はお気軽にどうぞ。

サラサホーム福山のホームページはこちら。
https://sh-fukuyama.com

断熱材のお話です

今回はお家の中身、断熱材のお話です。

サラサホーム福山はデザインはもちろん、断熱性能にもこだわっており、北海道基準(UA値0.46W/㎡)を上回る断熱性能にしています。
断熱材は高性能グラスウール又は、発泡ウレタン断熱を使用。

断熱性にこだわるメリットは、
1.室内の温度差が少ない。1年中快適に過ごせます。
2.ヒートショックの心配がない。
3.光熱費がグーンとお得です。
4.防音効果にも有効。
5.住まいが長持ちします。

住む人の事を考え、私たちは日々、どのデザイン・性能が良いかを考え、ご提案させて頂いております。
また、北海道基準をクリアしたモデルハウスも見学できますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:0847-47-1311
担当:藤本まで

HPはこちら
https://sh-fukuyama.com/

当社がこだわる「窓」についてご紹介します。

前回ご紹介しましたが「窓」は住まいを快適にしてくれる重要なアイテムです。
そこで今回は高性能窓(アルミ樹脂サッシLow-E複層ガラス)にした場合のメリットをご紹介します。

メリット1. 外気温に影響されにくく、家の中の熱も逃さないので快適に過ごせます。

メリット2. 結露が少なく、カビ・ダニの発生を少なくし、家族の健康や家の長持ちにつながります。

メリット3. 断熱性が高まるので、光熱費が抑えられます。

メリット4. 部屋間の温度差も少なくなり、冬場の健康リスクが少なくなります。

その他にもUVカットや防音、防犯にも備えた窓ガラスも選べます。
建てる立地やライフスタイルに合わせて、窓の提案をさせて頂きますので、お気軽にスタッフまでお尋ね下さい!

窓以外にも、ライフプランやローン相談、土地探しなど家づくりに関する事は、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL:0847-47-1311 担当:藤本まで

HPはこちら
https://sh-fukuyama.com/

快適な家づくりには『窓』も重要なんです。

快適な暮らしに断熱性は欠かせませんよね。
実は建物から熱や冷気が逃げるのは窓からの比率が大きいんです!
冬場は48%、夏場は71%と非常に高い比率です。
なので、いくら壁などで断熱性能を上げても普通の窓を取り付けてしまうと家の中の熱が逃げてしまいます。

ということで、サラサホーム福山では、高性能アルミ樹脂サッシLow-E複層ガラス(アルゴンガス入り)を採用しております。
窓も断熱性能を上げる事により、光熱費も削減、結露もなくなり、カビの発生も抑えられます。
そして、年間を通し快適に暮らせます。

ぜひ、窓の大切さを知って頂き、家づくりに役立てて頂きたいと思っております。
性能面以外でも、資金計画や、土地探し、プランニングの事など、家づくりに関する事はお気軽にお問い合わせ下さい。


TEL:0847-47-1311 担当:藤本まで

HPはこちら
https://sh-fukuyama.com/