BELSの制度は強制ではないので、現状としては省エネ建築物に積極的に取り組む企業、設計事務所、工務店が自発的に 取り組んでいるものになります。  

 

BELS

建築物省エネルギー性能表示制度

BELS(ベルス)
Building-Housing Energy-efficiency Labeling System
建築物の省エネルギー性能を表示する第三者認証制度です。
2016年4月より、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する
法律(建築物省エネ法)において、不動産事業者等は
建築物の省エネ性能を表示するように努めることが求められています。
具体的な表示方法は、建築物の省エネ性能表示のガイドラインに
定められており、BELS は同ガイドラインに基づく、
第三者認証制度となっています。

BELSの制度は強制ではないので、現状としては省エネ建築物に
積極的に取り組む企業、設計事務所、工務店が自発的に
取り組んでいるものになります。
①自社建設の住宅でBELS評価を取得した経験がある
②2020年までに自社で建設する全住宅でBELS評価を取得する旨を
目標に掲げる
③自社で建設する全住宅のうちBELS評価を取得した割合を
少なくとも2020年まで毎年度報告する
④国土交通省などによるBELS普及の取組に協力する

以上がBELS工務店の条件です。